3月~~~(*^▽^*)

日々のエビスパンの様子はこちら→→エビスパンのフェイスブック(登録してなくても見られます)


エビスパンは
口どけの良いパン
小麦の香りを生かしたパン
次の日でも柔らかいパン
を目指してパンを作っています。

3月の店休日は1日(水)・8日(水)・15日(水)・22日(水)・29日(水)の予定です。

「フルーツシューケーキ」(ポップオーバー)のみかん味はエビスパンで。 今の時季いちご味もあります
DSCN0924_convert_20170303111525.jpg


2次発酵前の菓子パン生地
DSCN0925_convert_20170303111453.jpg

焼き上がりのカレーパン
IMG_8194_convert_20170303112146.jpg

2次発酵前のレーズンパン生地
DSCN0917_convert_20170303111555.jpg


「エビスパン」は2階建てアパートの1階中央で営業しています
酒津公園から高梁川沿いに来られたら、「総社大橋東」の交差点で川を渡らずに国道486号線へ。(下の写真の「高梁486」を通る。
DSCN0591_convert_20170209105243.jpg

店舗正面と駐車場が見えます。
16299170_1369564346439388_5254835323962769054_n_convert_20170202113626.jpg

国道180号線から国道486号線を通って来られた場合は店舗裏側が見えます。
「パン」の看板は強風の時にはしまってあるので、「エグチ動物病院」さんの看板を目印にした方がいいかも。
16387999_1369564399772716_8476875046704023175_n_convert_20170202113727.jpg





~自家製カスタードの一部~
カスタード_convert_20160812103619

かぼちゃ(たまにあります)
IMG_8250_convert_20160901124406.jpg


シナモン(たまにあります)
IMG_8171_convert_20160820104806.jpg


あずき(たまにあります)
IMG_8117_convert_20160812103529.jpg

プレーン(定番。卵が総社産。仕入れ状況によっては美星産)
IMG_8019_convert_20160728125620.jpg

抹茶(定番)
IMG_8016_convert_20160728125757.jpg

カフェオレ(定番)
IMG_8018_convert_20160728125649.jpg

バナナ(定番)
IMG_8017_convert_20160728125727.jpg

新生姜(たまに出ます。新生姜の時季限定です)
IMG_8024_convert_20160728125446.jpg

きなこ(たまに出ます~。)
IMG_8086_convert_20160801101706.jpg


あんこやカレーも自家製です

あんこ
IMG_8025_convert_20160728125413.jpg

カレー
IMG_8020_convert_20160728125548.jpg

↓↓↓調理長から映画のご紹介

DSCN0623_convert_20170214141732.jpg

16425826_1375735755822247_7603824296455767192_n_convert_20170214141700.jpg

15698356_1338491826213307_3758755642150268377_n_convert_20170214141638.jpg


こんにちは、調理長です。

映画「サイレンス」みました。
舞台は昔の日本です。
宣教師の師匠が日本に行って、弾圧にあって、キリスト教やめました、と聞いた弟子が、師匠を探しに日本に行く話です。

暴力描写では定評のある、巨匠マーティンスコセッシ監督作品です。
前々回の「ヒューゴの不思議な発明」では暴力描写が無いじゃないか、とアカデミー賞の司会の人に突っ込まれていました。

今回の作品も、潜伏しているキリシタンが弾圧されるシーンが多くあります。
手を変え品を変え、拷問をうけます。

印象に残るのは、マンジラインの演じる「キチジロー」です。
弟子宣教師の元にたびたびあらわれて、許しを求めたり、余裕があれば宣教師を助けたり、命の危険があればすぐ逃げたり。

キリシタンがどんどん弾圧されていくストーリーのなかでは異質な感じがするキャラですが、
自分にはものすごく普通の人に思えました。
まるで自分みたいだなと。もし自分がこの世界に迷いこんだとしたら、似たような行動をとるんじゃないかと思いました。

自分にはあまりピンとこない、イメージのしにくかった昔の日本のキリシタン弾圧ですが、
キチジローのおかげで、少しだけ理解が深まった気がします。


「この世界の片隅に」もみました。
すごくみんなにおすすめしたいです。

戦争の映画なので、戦争映画をよく観る人、タランティーノ映画をよく観る人は、「どうせ登場人物の9割くらい死ぬんでしょ。」
と思いがちなので、身構えてしまう方が多いと予想されます。

呉市の話で、軍港があるので空襲も多かった地域ですが、わりと無事だった人を描いた作品です。
戦争なので、まったく無事だとはいえませんが、わりと無事です。

テンポが良くて、楽しい場面も多いし、昔の日本映画みたいに、シリアスな場面が、べちょっとしてない、さらっとしてていいですよ。


先日、ラジオで倉本聰さんが「戦争中はいろいろあったけど、楽しく笑って過ごしてたよ」みたいなことをおっしゃってました。
よく考えてみれば、当然の話なのですが、四六時中みんな暗い顔してるわけないですもんね。
そんな想像力も自分には無かったのかと気付かせてもらいました。
今だって災害、事件、犯罪、事故、人災等で、ものすごい人達が亡くなっているすぐ横で自分はポジティブに生きています。
戦争の空襲で、ぎりぎりのところで助かった人は、大変つらかっただろうという想像はできます。

そういうところがキチジローと少し重なってみえるような気がしたのですが、
分かりにくい文章ですみません。


以下が印象に残ったシーンです。

①冒頭のおつかいのシーン
   広島の平和公園がある場所にあった街へ、海苔を届けに行きます。
   途中で大正呉服店の壁にもたれかかって休憩、オープニング曲の「悲しくてやりきれない」が流れて、視点が空へ向かいます。
   ここがすごくいいんです。
   
   監督はかなり調査をして、当時の街並みを再現したそうです。
   大正呉服店の建物は今でもあります。
   原爆ドームのすぐ近くで他にも残っている建物があるなんて全然知りませんでした。

②モヤモヤさま~ずの広島の回で、さま~ずが行ってた江波山気象館がちょっとだけ写る。

   10秒も写ってないですが、海苔を干しているシーンで、向こうの山に建っているのがみえます。
   自分もモヤモヤさま~ずの放送後に行ったことがあるので、知ってるとこが写ると嬉しいですね。

③箸とお椀の持ち方が綺麗。

   何年も前にテレビで「机に置いている状態からの、箸とお椀の正しい持ち方」をやっていましたが、
   今までに見たことがない作法で、産まれてから今に至るまで見かけたことが無かったのですが、
   この作品の中で発見したときは、少し感動しました。

④ジャガイモの芽がでかい。

   登場人物のキャラの等身が低くて、手足が大きいんですが、ジャガイモの芽もやたらデカいんです。
   芽をむしりながら何か言うんですが、気になってセリフが入ってこないです。
   それがとてもいいです。

④最後、自宅がボロボロ。

   一番最後に自宅の全景が写るんですけど、終戦時よりさらにボロボロになってるので、ずっと気になってたんです。
   原作を読んで知ったのですが、終戦後すぐに伊勢湾台風が上陸したんですね。知りませんでした。

⑤ラッキーストライクの紙屑

   映画を観た福山の人と話をしてて知ったのですが、広島の人はラッキーストライクのタバコを吸う人はほとんどいないそうです。
   都市伝説みたいなもので、ラッキーストライクは原爆のことを表しているというような噂が広まったためだそうです。
   その人は、この映画のラストが、仁義なき戦いの冒頭の呉の闇市のシーンにつながっていくのかと思い、感慨深かったそうです。

以上です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エビスパン

Author:エビスパン
マーガリン不使用・砂糖や酵母は少なめ。食べると口の中でダマにならずほどけます。小麦の香りを活かしたパン作りを目指しています。自家製カスタード・自家製あんこ・自家製カレーを使っています。毎日食べていただけるエビスパンへようこそ♪ 【総社市真壁1151-1 王子ハイツ1F】

フェイスブック→https://www.facebook.com/ebisupan(登録してなくても見られます)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる